社会福祉法人かるべの郷福祉会の概要(障害・高齢者福祉を運営総合福祉サービス業接客業)
HOME >社会福祉法人かるべの郷福祉会の概要(障害・高齢者福祉を運営総合福祉サービス業接客業) > かるべの郷福祉会の概要

かるべの郷福祉会の概要

経営理念

「社 是」
社会福祉法人かるべの郷福祉会は、高齢者や障害のある方が生き甲斐のある人生を送ることを支援し、地域に貢献します。
「行動指針」
一、私たちは、お客様を心から大切にします。
二、私たちは社業の発展と自らの幸福の実現を目指し、自らがその主人公となります。
三、私たちは馴れ合いや妥協の和ではなく、互いに力量を磨きあい、自主性のある企業風土を築きます。
四、私たちは社内外から期待される役割を自覚し、誇りと、責任感をもって仕事に取り組みます。
五、私たちは、挨拶、礼儀を重んじ、人に尽くし感謝できる人間となります。
「社 訓」
一、お客様、仲間がしてほしいことをすること、してほしくないことをしないこと。
一、いかなる状況下に於いても、笑顔で、親切、丁寧、迅速な対応をする。
一、「ありがとうございます」という感謝の気持ちと言葉を忘れない。
一、お客様にはもとより、お互い礼儀正しくする。
一、常に心のコップを上に向ける。
一、自己研鑽に励み、知性、技能、人格を高める。
一、自己の健康管理は、重要な職務の一つである。
一、和衷、協同の精神を以って行動する。
一、常に清潔で美しい職場を維持する。
一、問題発見者が、自ら積極的に問題解決者となる。
一、プラス思考を身に付け、変化を恐れず挑戦する。
名称
社会福祉法人かるべの郷福祉会
所在地
〒667-0102 兵庫県養父市十二所871番地
電話番号
TEL.079-664-1875
代表者
理事長 進藤 龍善
従業員数
118名 (正社員67名・パート51名) (男性31名 女性87名)
創業
昭和28年4月 (南但養老院 として創業)
法人設立
平成19年4月
事業内容
福祉サービス業(高齢者福祉、障害者福祉)
採用担当者
藤森 博
沿革
昭和28年4月
養父町(当時、広谷町)に養父郡、朝来郡(当時23村)の南但養老院一部組合立「南但養老院」として事業開始(定員40人)
昭和38年8月
老人福祉法施行により、養護老人ホームになる。
昭和45年3月
養父町広谷300番地に移転改築(定員50人)
昭和60年3月
養父町十二所871番地に特別養護老人ホームを設置認可、養父町デイサービスセンター受託運営開始
昭和63年4月
特別養護老人ホームかるべの郷さざんか事業運営開始(定員50人、短期入所4人)
平成2年3月
養父町十二所871番地に老人ホームあじさいを竣工
平成10年3月
さざんかショートステイ9床増床
平成12年4月
介護保険法施行に伴い、かるべの郷さざんか居宅介護支援事業所運営開始。
特別養護老人ホームかるべの郷さざんか(介護老人福祉施設)
かるべの郷さざんか短期入所生活介護事業所となる。
平成14年4月
ホームヘルパーステーションさざんか、デイサービスセンターさざんかの事業運営開始
平成19年3月
南但老人ホーム一部事務組合 解散
平成19年4月
社会福祉法人かるべの郷福祉会により南但老人ホーム一部事業組合の全事業継続運営(民営化)
平成24年4月
かるべの郷ドリームワークス事業運営開始
平成25年6月
地域サポート型特養事業運営開始
平成26年4月
かるべの郷グループホーム夢一事業運営開始
平成27年2月
『KARUBE・TREE×TREE』Yタウン内にオープン
開示事項についてはこちらをご覧ください。